プレスリリース

プレスリリース詳細

A330neo、実用飛行試験を実施

商業運航に向けた機体の実用性を実証するため、欧州のエアバス工場上空を飛行し、世界の15都市へ飛来 

2018年 06月 18日 Press Release

エアバスは、最新ワイドボディ機のA330neoが、航空会社による実際の商業運航に向けた機体の実用性を実証する飛行試験ツアーを開始したことを発表しました。航空機の型式証明取得の最終段階であるこの実用飛行試験(function & reliability tests)は路線実証飛行試験としても知られ、ETOPS運航、代替空港への着陸、空港でのハンドリングサービスのテストなどを行います。A330neoはエアバスの欧州にある工場上空を飛行した後、世界5大陸におよぶ15の主要空港へ飛行し、合計150時間の飛行試験を実施します。

今回の実用飛行試験は、革新的客室「Airspace by Airbus」を装備した、ローンチオペレーターであるTAPポルトガル航空のA330-900で実施しています。同機は2018年5月15日に初飛行して空調などの客室システムの検証を行い、飛行試験プログラムを開始しました。

今回の飛行試験は、今夏に予定されている型式証明取得のために必要な最終試験の一つです。

現在、2機のA330-900テスト機とTAPポルトガル航空の機体が飛行試験プログラムを実施しており、エアバス工場の上空を飛行する間に合計1,000飛行時間に到達する予定です。

2014年にローンチしたA330neoは市場をリードするA330ファミリーの最新派生機で、共通性を99%確保するA330-800とA330-900の2機種で構成されます。A330ファミリーの実証された経済性と柔軟性、高い信頼性を保持しながら、前世代の競合機と比較して燃料消費を座席あたり約25%削減しています。また、現在運用中の多くのA330と比べ航続距離を最大1,500海里延長しています。新型のロールス・ロイス社製Trent 7000エンジンを装備し、主翼の延長、A350 XWBの技術を取り入れ特別に開発したウィングチップ「シャークレット」を特長とします。さらに快適な新客室「Airspace by Airbus」を装備します。