プレスリリース

プレスリリース詳細

デルタ航空がA330-900を10機追加発注

2018年 11月 16日 Press Release

エアバスは、デルタ航空がA330-900を10機追加発注したことを発表しました。これにより同社のA330neo発注機数は25機から35機に増加します。A330neoはデルタ航空の短期、中期の国際成長戦略をサポートします。

デルタ航空とエアバスはまた、すでに発注済みの10機のA350 XWB導入を2025年-26年に延期することに同意し、長期成長戦略に備えます。デルタ航空は現在11機のA350-900を運航しており、4機が2019年-20年に導入される予定です。デルタ航空は合計で42機のA330ファミリーを運航させています。

人気の高い双発ワイドボディのA330ファミリーをベースに開発されたA330neoプログラムは2014年7月にローンチし、A330-800とA330-900の2機種で構成されます。A330neoは効率性を大幅に向上し、快適な新客室「Airspace by Airbus」を装備、最先端の機内環境、ゆとりのパーソナルスペース、乗り心地を高める環境照明を備えます。

新型のロールス・ロイス社製Trent 7000エンジンを装備し、主翼を3.7メートル延長、上昇性能を向上し抵抗を削減したA330neoは、燃費を削減することでコスト節約を生む効率的な航空機です。

胴体のより長いA330-900は標準で3クラス制の287席を装備します。または高密度仕様では最大440席を装備し、7,200キロを飛行します。