プレスリリース

プレスリリース詳細

A330-900、欧州航空安全庁より型式証明を取得

2018年 09月 26日 Press Release

エアバスはA330-900が欧州航空安全庁(EASA)より型式証明を取得したことを発表しました。型式証明を取得した当機はロールス・ロイス社製「Trent 7000」エンジンを搭載します。型式証明はEASAのトレバー・ウッズ型式ディレクターが署名し、ルドヴィク・アロン大型航空機型式証明責任者によって、エアバスのジャン-ブリス・デュモン技術部門統括責任者に手渡されました。米連邦航空局(FAA)の型式証明は近日取得する予定です。

エアバスのギヨム・フォーリ民間航空機部門社長は次のように述べました。「A330neoはエアバスのイノベーション精神が詰め込まれた航空機です。高い効率性と、近距離から長距離まで対応する柔軟性を備え、大きな需要の可能性を持っています。革新的なAirspaceの客室を備えた初号機をローンチカスタマーのTAPポルトガル航空に近く納入できることを楽しみにしています」

A330-900の初号機はTAPポルトガル航空との合意のもと、路線実証飛行を実施し、12カ国以上に飛行しました。A330-900の2機のテスト機とともに、合計約1,400時間を飛行し、型式証明取得飛行テストプログラムを終了しました。同機は2017年10月19日に初飛行してから1年内にテストプログラムを完了しました。

A330neoは、A330-900、A330-800の2機種で構成される新世代ファミリー機です。A330-800は今後数週間内に初飛行を予定しています。A330-900は座席マイルコストの最も低い300席クラスの航空機で、効率性の優れたロールス・ロイス社製Trent 7000エンジン、最適化した主翼、軽量な複合材料を使用した新シャークレットを備えます。これらの最新技術によって、同サイズの旧世代機と比較して燃費消費量を25%削減しています。

受賞デザインのAirspaceの革新的客室を装備するA330neoファミリーは最高レベルの快適性を提供します。新設計の側壁や大型の頭上手荷物棚、最先端ムードライティングを備え、最新機内エンターテインメントシステム、ネット接続環境を完備します。

A330neoはより大型のA350 XWBと共通タイプレーティングを備え、訓練コストを最小限に抑え、パイロットの生産性を最大化します。また、整備において、「スカイワイズ」を活用し不具合などの事前予測を補助し、生産性を最大限確保することが可能です。

A330は人気の高いワイドボディ機ファミリーの1機種です。120社から1,700機以上の受注を獲得し、1,400機以上のA330が120社以上によって世界中で運航されています。A330neoはエアバスワイドボディ機ファミリーの最新型でゆとりの客室スペースと快適な乗り心地を提供し、優れた効率性と航続距離能力を備えた航空機です。