プレスリリース

プレスリリース詳細

中国でA330コンプリーション&デリバリーセンターを開設

欧州外で初のワイドボディ機向け施設

2017年 09月 20日 Press Release

エアバスは、中国の天津にA330コンプリーション&デリバリー・センター(C&DC)を開設したことを発表しました。これにより、エアバス施設の世界的拡大と中国との戦略的パートナーシップがさらに前進しました。また同日、C&DCからA330が天津航空に引き渡されました。

A330コンプリーション&デリバリー・センターは、天津のA320ファミリー最終組立工場と同じ敷地に設置され、A330の引き渡しまでの最終工程(客室装備や塗装、飛行テスト、顧客への引き渡しなど)の作業を担います。およそ150人の中国人スタッフが、仏トゥールーズにあるエアバス本社で訓練を受けました。

C&DCはペイント工場、航空機を3機収容でき、16,800㎡の広さを持つ格納庫などで構成されます。A330 C&DCでは250人以上の従業員を雇用し、2019年初頭までに月間2機の引き渡しを予定しています。

C&DCの開設を記念し、天津航空にA330が引き渡されました。このA330は中国および欧州のスタッフによってトゥールーズの工場で組み立て、装備を行いました。天津航空のA330はロールス・ロイス社製Trent700エンジンを装備し、2クラス制の客室に260席を装備します。

2017年8月末時点で、中国の航空会社によって運航されているエアバス機は合計で1,484機(A320ファミリーが1,282機、A330ファミリーが202機)です。A330は9社によって運航されており、中国において人気の高いワイドボディ機です。

A330ファミリーは効率性、柔軟性が高く、経済性に優れたワイドボディ機として世界中で高い支持を得ています。これまでに約1,700機の受注を獲得し、世界中の110社以上によって1,300機以上が運航されています。運航信頼度は99.5%で、継続的に新技術を取り入れることによって同クラスの中でも高いコスト効率性、性能を保持しています。

エアバスは航空、宇宙、その他関連ビジネスにおいて世界をリードするグローバル企業です。2016年の売上は670億ユーロ。約13万4,000人の従業員を擁します。100席から600席以上を装備する民間航空機を設計・製造しています。また、タンカーや戦闘機、輸送機、特殊任務機、宇宙関連機器も提供しています。ヘリコプター分野においては世界中で効率性の高い民間・軍用ヘリコプターを提供します。