プレスリリース

プレスリリース詳細

ターキッシュ エアラインズ、A330-200F貨物機を4機追加発注

2015年 03月 09日 Press Release

エアバスは、ターキッシュ エアラインズが貨物専用機A330-200Fを4機追加発注したことを発表した。A330-200Fは子会社であるターキッシュ カーゴによって運航され、貨物市場における同社のシェア拡大に貢献する。ターキッシュ エアラインズは現在5機のA330-200Fを運航させており、追加発注した4機とともに成長する貨物市場の需要に対応する。

ターキッシュ エアラインズは現在合計で139機のエアバス機を運航させているトルコ最大の顧客。保有機の内訳は、エアバス単通路型ファミリーが91機、A310貨物機が2機、A330-200が17機、A330-300が18機、 A330-200Fが5機、A340が6機。

エアバス機はコックピットや運用における高い共通性を保持しており、同じパイロットや客室乗務員、整備士で運用することができるため、運航柔軟性に優れ、大幅なコスト節減を可能にする。

A330-200Fはペイロード65トンから70トンを運び、4,000海里を飛行することができる。ユニットコストがより大型の貨物機と同等レベルで新規路線開拓や路線の拡充にリスクを最小限に抑えながら運用できる最適な機体である。最新の機体設計と継続的な改良によって現在最も効率的な運航が可能な中型貨物専用機である。