プレスリリース

プレスリリース詳細

カタール航空、A330-200F貨物専用機を拡充

オプション含み13機の発注、28億ドル相当の契約

2013年 11月 17日 Press Release

エアバスはカタール航空がA330-200F貨物専用機を5機確定発注したことを発表した。この契約はドバイ航空ショーで締結された。同社は貨物専用機を40路線以上で運航させており、新規に発注したA330-200Fによってその急速に拡大している路線ネットワークに対応する。今回、8機のオプション発注もしており、確定発注分と合わせると合計で13機の発注機数となる。これは金額にするとカタログ価格で28億米ドル以上。カタール航空はすでに今年始めから3機のA330-200Fを運航させている。

カタール航空はエアバスにとって重要な顧客でありパートナーでもあり、1997年に同社にとって初のエアバス機が引き渡されたときから密接な関係が続いている。現在、エアバス機はカタール航空が世界中で展開する路線において重要な役割を果たしており、単通路型のA320から大型のA380まで合わせて200機以上の受注を得ている。

中型経年貨物機の代替機となるA330-200F貨物専用機は、最新技術を搭載し、基本形となるA330旅客型の市場での成功によって利点を得ている。追加コストをかけずに貨物便が必要とされる市場において輸送量を増加させる機会を提供する。

A330ファミリーの派生機であるA330-200Fは世界で最新の中型貨物専用機。最大ペイロード70トンを運び、4,000海里を飛行することができる。これにより、地域路線および国際路線の両方で運航柔軟性を提供しながら、市場ニーズに見合った輸送量とコストで運用することができ、運航会社は既存のビジネスを拡大、そしてまた新規路線の開拓も可能となる。