プレスリリース

プレスリリース詳細

アルゼンチン航空がA330-200を4機発注

2014年 02月 13日 Press Release

エアバスはアルゼンチン航空がA330-200を4機発注する契約を交わしたことを発表した。

アルゼンチン航空は、新たに導入するA330-200をブエノスアイレスから中南米、欧州、米国などへの中・長距離路線に就航させる。同社は現在、A340-300を8機、A340-200を4機、A330を4機運航中。

最新の技術を搭載するA330ファミリーは様々な改良を重ね、同クラスの中で最もコスト効率に優れ、出発信頼度は平均99%を超えている。旅客型のほかに派生機で貨物専用機やVIP用ビジネス機、軍用輸送機/タンカーがあり、これまでに1,300機以上の受注を獲得。世界中のおよそ100社以上によって1,000機以上が運航されている。

エアバスは、中南米やカリブ海地域の航空会社から800機以上の受注を獲得しており、現在500機以上が運航されている。受注残は400機程度。過去10年間で、この地域で運航されるエアバス機の数は3倍に拡大し、引き渡し数も60%以上を占めている。