プレスリリース

プレスリリース詳細

イタリアの新規貨物航空会社、アリス航空がA330-200貨物機を発注

イタリアの新規貨物航空会社、アリス航空がA330-200貨物機を発注
2008年 07月 17日 Headline news

イタリアの新規貨物航空会社であるアリス航空がA330-200貨物機を5機とオプションで3機発注する覚書を締結した。エンジンの選定は今後行われる。

今後航空貨物輸送の著しい成長を見越し、アリス航空は北イタリアから北米、インド、中国、日本、東南アジアといった長距離路線へのノンストップ便を開拓する計画。

A330-200FはA330ファミリーの派生機である。A330ファミリーは世界中で70社以上から540機以上も運航されており、市場で高い人気を誇る。すでに多くのA330ファミリーが運航されているため、同機種を運航する航空会社がA330-200F貨物機を導入する際にも障害がない。A330ファミリーは、他のエアバス機と同様にフライ・バイ・ワイヤ(電子制御飛行)システムを採用し、旅客型、貨物機共に、機種間の移行の際の乗務員の訓練時間を大幅に削減した。

仕様を変更することによって、A330-200Fは64トンの有償重量で7,400キロ、69トンで5,930キロをノンストップで飛行可能。同クラスの貨物機の中で30%以上も高い輸送能力を持つ。メインデッキに汎用性の高い貨物搭載システムを導入し、様々な大きさのパレットやコンテナを収納することができ各種路線に対応するなど、貨物航空会社にとって利便性が高い。これまでに9社から77機の確定受注を獲得している。 

エアバスは100座席から525座席以上を装備する最新旅客機を製造する航空機メーカー。フランス、ドイツ、英国、スペインに設計・製造センターを持つ他、日本、米国、中国に現地法人を置く。本社は仏トゥールーズ。EADSが100%出資する。