プレスリリース

プレスリリース詳細

中国航空器材集団公司がA330ファミリーを発注へ

2015年 06月 30日 Press Release

中国航空器材集団公司(China Aviation Supplies Holding Company)がA330ファミリーを45 機発注する一般条件合意書(General Terms Agreement)と、さらに同機を30機発注する同意書(Memorandum of Understanding)を締結したことを発表しました。

エアバスの最新航空機市場予測によると、中国の航空輸送量は世界平均を上回る成長が見込まれ、今後中国は、国内および国際路線の両方の市場において航空輸送需要を牽引することが予測されています。また、今後10年間で中国国内輸送量は世界一となる見通しです。2014年から2033年の今後20年間で中国における新造機需要(100座席以上の旅客機および貨物機)は5,300機以上と予測しています。

現在、中国の航空会社によって運航されているエアバス機は1,150機以上(A320ファミリーが980機以上、A330ファミリーが150機以上、A380が5機)です。

双発のA330ファミリーは世界中で高い支持を得ているワイドボディ機です。これまでに1,500機以上の受注を獲得し、世界中のおよそ110社以上によって1,100機以上が運航されています。エアバスはA330ファミリーに年間何億ユーロもかけて革新技術を導入し、性能向上に努めています。A330ファミリーは、最新鋭A350 XWB、総2階建てA380と共にエアバスのワイドボディ機ファミリーの1機種です。250席から500席以上を装備し、高い共通性を保持するこれらのワイドボディ機は、地域路線から中距離、長距離のサービスまで幅広い市場ニーズに対応します。継続的に新技術を取り入れることによってA330ファミリーは同クラスの中でも高い収益性、性能を保持し、平均運航信頼度は99.4%です。A330ファミリーは現在世界中で20秒毎に離着陸を行っています。