プレスリリース

プレスリリース詳細

スカイマークにA330を引き渡し

2014年 02月 28日 Press Release

エアバスはスカイマーク株式会社(本社:東京大田区羽田空港、代表取締役社長:西久保愼一)に同社のA330-300第1号機と第2号機を引き渡したことを発表した。これにより、スカイマークはエアバスの広胴型中型機A330を日本で初めて運航させる航空会社となる。同社は合計で10機のA330-300をリースで導入する予定。

スカイマークのA330は快適なグリーンシートをエコノミークラスとして271席全席に備える。スカイマークは2014年4月から羽田と福岡を結ぶ路線に投入する予定にしている。さらにその後、羽田から新千歳、那覇を結ぶ路線にも導入する計画を発表している。

スカイマーク株式会社の西久保愼一代表取締役社長は、「A330-300はコスト効率性に優れ、信頼性の高い航空機です。このA330-300を導入することによって、私達は快適な空の旅を求めるお客様のニーズに応え、ビジネスの拡大につなげることができると確信しています。今後は大型機A380も導入し、日本で最も機齢の若い、燃費効率の優れた機体を運航する航空会社として市場に革新をもたらしたいと思います」と述べた。

エアバスのジョン・リーヒー顧客担当最高業務責任者(COO)は、「A330はアジアで最も人気の高い広胴型機の一つです。スカイマークが、成長著しい、ダイナミックなこの市場においてエアバスA330の運航会社となったことを非常に嬉しく思います。比類ない経済性と運航柔軟性、快適性を兼ね備えたA330がスカイマークのビジネス拡大にお役に立てることができれば光栄です」と語った。

A330-300は2014年1月に国土交通省航空局より型式証明を取得。スカイマークは導入する10機のA330-300を対象にエアバスが提供する補修部品サポート・サービス「Flight Hour Services(FHS)」契約を締結している。これにより交換可能な700ユニット以上の多数のパーツから必要な補修部品の提供を受けることができる。スカイマークのA330はロールス・ロイス社製トレント700エンジンを装備する。

エアバスの広胴型ファミリーはアジア市場において高い支持を得ており、過去5年間以上受注競争で優位に立っている。将来的にアジア地域の航空会社に引き渡される広胴型機の半数以上がエアバス機となる見込み。

250席から300席を装備するA330ファミリーは旅客型のほかに派生機で貨物専用機やVIP用ビジネス機、軍用輸送機/タンカーがあり、これまでに1,300機以上の受注を獲得。世界中のおよそ100社以上によって1,000機以上が運航されている。様々な改良を重ね、同クラスの中で最もコスト効率に優れ、出発信頼度は平均99%を超えている。