プレスリリース

プレスリリース詳細

大韓航空がA321neoを最大50機発注へ

2015年 06月 16日 Press Release

大韓航空がA321neoを最大50機発注する覚書(MOU)を締結しました(50機のうちオプションが20機)。同社が単通路型のA320ファミリーを発注するのは今回が初めてです。

大韓航空はA321neoを東南アジアの都市への長距離の地域路線で運航させる予定です。客室は2クラス制で、両クラスに幅の広い座席や、最新の機内エンターテーメントシステム、通信システムを装備させる予定です。

エアバスは大韓航空と非常に長い関係を築いています。同社は1974年に初めてエアバス機の発注を行い、それ以降、エアバスのワイドボディ機が大韓航空の機材の主力機の一つとなっています。総2階建て大型機A380も現在、大韓航空の長距離路線のフラッグシップとして運航されています。また、中型のA330はアジア太平洋地域や欧州への路線サービスに導入されています。

A321は単通型機として人気の高いA320ファミリーの最大機種です。A320ファミリーはこれまでに11,700機以上の受注を獲得し、300社以上の顧客に6,500機以上が引き渡されました。新型エンジンと最新技術を搭載するA320neoは、燃費を最大15%以上削減します。より長い航続距離能力を持ち、整備コスト、二酸化炭素の排出を削減します。

A320neoファミリーは2010年にローンチしてから単通路型の新規受注においておよそ60%のシェアを獲得し、世界中の顧客数は70社にのぼります。