プレスリリース

プレスリリース詳細

ペガサス・エアラインズ、A321neoを25機発注

A320ファミリー合計発注数が100機に

2017年 12月 21日 Press Release

エアバスは、トルコの低コスト航空会社であるペガサス・エアラインズがA321neo ACF(Airbus Cabin Flex:エアバス・キャビン・フレックス)を25機発注したことを発表しました。同社はこれまでにA321neoを18機とA320neoを57機発注しており、今回の発注によって同社のA320ファミリー合計発注数は100機になります。

ペガサス・エアラインズは保有機をすべてエアバス機に統一させ、同社の国内および国際路線ネットワークの拡充を図る計画です。

A321はA320ファミリーの最大機種で最大240席装備します。A321neoは最新エンジンと高い空力性能、革新的客室を導入し、燃費を運航開始から15%削減します。さらに2020年までには20%の大幅な燃費削減を実現します。

A321neo ACFは新たなドアの設置や胴体強化によって客室スペースを効率的に使用することが可能で、最大4,000海里を飛行することができます。A320neoファミリーは95社から5,200機以上の受注を獲得し、およそ60%の市場シェアを持ちます。

 

受注・引き渡し

Airbus April 2018
総受注数 18277
総納入数 11098
運航機数 10102