プレスリリース

プレスリリース詳細

エアアジア、A321neoを100機発注

2016年 07月 12日 Press Release

エアバスは、エアアジアがA321neoを100機確定発注したことを発表しました。発注契約はファーンボロ国際航空ショーで、エアアジア グループのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)とエアバスのファブリス・ブレジエ社長兼CEOの間で締結されました。

エアアジアがA320ファミリーの最大機種を発注したのは今回が初めてです。全席エコノミー・クラスの客室仕様で最大240席を装備するA321neoは、同クラスの中で最も低い運航コストを提供しながら旅客輸送量を増加させることができます。

今回の発注によってA320ファミリーの合計発注数が575機に増加したエアアジアは、エアバス単通路型機を運航する最大顧客です。これまでに170機以上のA320が引き渡されており、マレーシアやインド、インドネシア、フィリピンで運航されています。

A320ファミリーはこれまでにおよそ12,600機の受注を獲得し、約320社の顧客に7,100機以上を引き渡しているベストセラー単通路型機です。新型エンジンを搭載するA320neoファミリーは大型のウイングチップであるシャークレットを装備し、合わせて燃費を15%削減、さらに2020年までには客室やエンジン技術の改良によって20%の燃費削減を見込みます。