プレスリリース

プレスリリース詳細

デルタ航空、A321neoを100機発注

2017年 12月 14日 Press Release

エアバスは、デルタ航空がA321neo ACF(Airbus Cabin Flex:エアバス・キャビン・フレックス)を100機発注したことを発表しました。同社はより効率的でキャパシティの大きい航空機への将来的な需要に対応するため、エアバス単通路型機の最大機種を選定しました。デルタ航空のA321neo ACFはプラット・アンド・ホイットニー社製PW1133G-JMエンジンを搭載します。

デルタはこれまでに従来型のA321ceoも数回発注しており、その合計発注数は117機にのぼります。搭載エンジンはCFMインターナショナル社製CFM56です。

A321neo ACFは新たなドアの設置などによって客室スペースを効率的に使用することが可能で、最大4,000海里を飛行することができます。A321はA320ファミリーの最大機種で最大240席装備します。A321neoは最新エンジンと高い空力性能、革新的客室を導入し、2020年までに20%の大幅な燃費削減を実現します。A320neoファミリーはおよそ2010年にローンチしてから96社から5,300機以上の受注を獲得し、およそ60%の市場シェアを持ちます。

デルタ航空に引き渡されるA321neoの多くが、米アラバマ州モービルのA320ファミリー最終組立工場で製造される予定です。デルタ航空はモービルの最終組立工場で製造されたA321を昨年から13機受領しています。また、記念すべきモービルでの50機目の機体が近日中にデルタ航空に引き渡される予定です。モービルの最終組立工場は月産4機を製造しており、現在さらなる増産について検討されています。

エアバスは長年米国の航空宇宙関連企業と強いパートナーシップを築いています。現在、エアバス機における米国製部品の使用は世界最大で、米国からの航空機関連の調達は40%を超えています。

2017年11月末時点でデルタ航空は合計196機のエアバス機を運航させています。その内訳はA320ファミリーが150機、A330が42機、A350 XWBが4機です。