プレスリリース

プレスリリース詳細

ノルウェジアン航空、長距離型A321LRを30 機選定

2016年 07月 14日 Press Release

エアバスは欧州で低コスト航空会社(LCC)の大手一社であるノルウェジアン航空が、長距離型のA321LRを30機選定したことを発表しました。同社は2012年にA320neoを100機発注しています。30機のA320neoを30機のA321LRへ切り替えることでビジネス拡大と保有機刷新戦略を推進していきます。また、これにより同社はA321LRを運航させる最初のLCCとなります。

ノルウェジアン航空(ブランド名はノルウェジアン・エア・シャトルAS)は、欧州、北米、アジアに広がる路線ネットワークで運航を行っており、急速にサービスを拡大しています。同社のA320neoは全席エコノミー・クラスで約220席を装備する予定です。

A321LRは、市場をリードするA320neoファミリーの最新機種で、最大4,000海里(7,408キロ)を飛行することが可能です。A321LRは単通路型機の中で最長の航続距離を持つため、大西洋横断路線での運航に最適な機体となります。これにより、航空会社は従来の単通路型機では実現できなかった新たな長距離路線市場開拓も可能です。初号機の引き渡しは2019年から開始される予定です。

A320ファミリーはこれまでにおよそ12,600機の受注を獲得し、約320社の顧客に7,100機以上を引き渡しているベストセラー単通路型機です。幅広い客室を備え、エコノミー・クラスで標準18インチの快適な座席を装備します。100席から240席を装備する、サイズの異なる4機種(A318、A319、A320、A321)で構成され、高密度の国内路線から長距離路線まで、一つの機種で需要に合わせたサイズの機材を投入することができます。