プレスリリース

プレスリリース詳細

長距離型A321LR、初飛行を成功裏に実施

2018年 01月 31日 Press Release

エアバスは長距離型のA321LR(Long Range)初号機、MSN7877が初飛行を成功裏に実施したことを発表しました。CFMインターナショナル社製Leap-1Aエンジンを搭載した同機は2時間36分の飛行を行いました。これにより、2018年第2四半期の欧州航空安全庁(EASA)および米連邦航空局(FAA)による型式証明取得を目指し、大西洋横断飛行を含むおよそ100時間におよぶ飛行テストプログラムを開始します。商業運航開始は2018年第4四半期を目標としています。

A321LRはドアの新たな配置によって最大240席を装備することができます。また、A320ファミリーに装備可能なエアバスの革新的客室ブランド「Airspace by Airbus」により、乗客に比類ない空の旅を提供します。最大離陸重量を97トンに増加し、3個目の中央燃料タンクを追加することで航続距離を4,000海里(7,400キロ)に延長し、新たな市場開拓も可能になります。

A321neoは最新エンジンと高い空力性能、革新的客室を導入し、2020年までには20%の大幅な燃費削減を実現します。これまでに50社以上から1,900機以上の受注を獲得し、80%の市場シェアでワイドボディ機と小型機の間の市場において支持を得ています。

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288