プレスリリース

プレスリリース詳細

ウィズ・エア、A321ceoを10機追加発注

2017年 06月 21日 Press Release

エアバスは、中央、東ヨーロッパの最大手低コスト航空会社(LCC)であるウィズ・エアを子会社に持つウィズ・エア・ホールディングスが、A321ceoを10機発注したことを発表しました。発注されたA321ceoはインターナショナル・エアロ・エンジンズ社製V2500エンジンを装備します。

ウィズ・エアは現在A320ファミリーを83機運航しています(64機がA320、19機がA321)。平均機齢は4.4年で、ヨーロッパの主要航空会社の中で最も機齢の若い航空機を運航している航空会社の1社です。同社はまた、最先端システムとエンジンを装備する最新のA321neoを110機発注しており、2019年から引き渡しが開始される予定です。

ウィズ・エアが保有する航空機はすべてエアバス機です。同社は28ヶ所の拠点から500以上の路線を展開し、42カ国にわたる141ヶ所の目的地に飛行しています。

ウィズ・エアは2015年11月からA321を導入し、現在、230席装備A321を19機運航しています。2019年までにさらに22機が引き渡される予定です。同社はヨーロッパで急速な成長を見せている航空会社の一社です。2024年までに同社の運航機数は倍増する見込みで、引き続き中央、東ヨーロッパにおける最大手LCCとして、同クラスの中で最も優れた運航コストを実現します。

A321ceoはエアバスのベストセラー単通路型ファミリーの最大機種です。大型のウイングチップのシャークレットを装備し、燃費を抑え、同クラスの中で最もシートマイル・コストを低く抑えています。幅広い客室を備え、エコノミー・クラスで標準18インチの快適な座席を装備します。