プレスリリース

プレスリリース詳細

中南米のシネルジー・エアロスペース、A320neoファミリーを62機発注へ

2015年 06月 17日 Press Release

中南米を拠点とするシネルジー・エアロスペース・コーポレーションがA320neoファミリーを62機発注する覚書(MOU)を締結しました。同社はアビアンカの筆頭株主であり、今回の発注によってブラジルの航空会社であるアビアンカ・ブラジルの機材刷新および路線拡大を促進します。

シネルジーはこれまでにA350 XWBを10機、A330-200を6機、A330-200F貨物専用機を1機、A320ファミリーを20機発注しています。アビアンカ・ブラジルは現在、A320ファミリーを38機とA330-200F貨物専用機を1機運航させています。

A320ファミリーはこれまでに11,700機以上の受注を獲得し、300社を超える顧客に6,500機以上を引き渡しているベストセラー単通路型機です。幅広い客室を備え、エコノミー・クラスで標準18インチの快適な座席を装備します。新型エンジンを搭載するA320neoは大型のウイングチップであるシャークレットを装備し、合わせて燃費を15%削減します。A320neoファミリーは2010年にローンチしてから単通路型の新規受注においておよそ60%のシェアを獲得し、世界中の顧客数は70社にのぼります。

今回の受注が確定受注となると、A320neoに対する中南米における受注数はアビアンカ、アズール、インタージェット、LATAM、シネルジー、ビバエアロバス、ボラリスの7社から407機になります。中南米およびカリブ海諸島ではエアバス機は950機の受注と約500機の受注残があり、現在およそ600機が運航されています。過去10年間で同地域におけるエアバス機の数は3倍に増加し、運航されている航空機の60%以上がエアバス機です。今年5月には、中南米における総引き渡し数が500機に到達しました。