プレスリリース

プレスリリース詳細

エーゲ航空がA320neoファミリーを30機導入へ

今後の成長と市場をリードする競争力確保

2018年 03月 28日 Press Release

エアバスはギリシャ最大の航空会社であるエーゲ航空が、A320neoを20機とA321neoを10機、合計30機のA320neoファミリー発注する覚書(MOU)を締結したこと発表しました。同社はまた、リース会社から多数のA320neoファミリーを導入する予定です。

エーゲ航空は現在46機のエアバス機(A320が37機、A321が8機A319が1機)を運航しています。

A320neoファミリーは新世代エンジン、シャークレットなど最先端の技術を導入し、運航開始から燃費を少なくとも15%削減し、2020年までには20%の削減を実現します。これまでに約100社からおよそ6,000機の受注を獲得し、約60%の市場シェアを持ちます。

A321はA320ファミリー最大のメンバーで、185席から240席を装備します。最新のエンジンや高性能な空力特性を備え、客室にも革新をもたせたA321neoは、単通路型機で最長の4,000海里(7,400km)を飛行します。

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288