プレスリリース

プレスリリース詳細

インディゴ、A320neoを250機発注へ

2014年 10月 15日 Press Release

エアバスはインドで市場シェア最大の国内航空会社であるインディゴが、A320neoファミリーを250機発注する覚書(MoU)を締結したことを発表した。これはエアバスにとって過去最大の受注機数となる。

インディゴはこれまでにエアバス機を280機(A320ceo100機、A320neo180機)発注している。

A320neoファミリーは、新型エンジンと大型のウイングチップであるシャークレットを取り付け、燃費を最大15%削減する。さらに2020年までには最大20%の削減を可能にし、それにより年間1機当たりのCO2排出量を5,000トン削減することができるようになる。

A320ファミリーはこれまでに約11,000機の受注を獲得し、400社を超える顧客に6,200機以上を引き渡しているベストセラー単通路型機である。幅広い客室を備え、エコノミー・クラスで標準18インチの快適な座席を装備する。