プレスリリース

プレスリリース詳細

インドのゴーエア、A320neo発注数を倍増し144機に

2016年 07月 12日 Press Release

エアバスは、インドの低コスト航空会社(LCC)であるゴーエアが、さらなるビジネス拡大のため、A320neoを72機発注する覚書(MOU)を締結したことをファーンボロ国際航空ショーで発表しました。

ワディア・グループの1社であるゴーエアは、2011年にA320neoを72機発注しており、今回の発注によって合計発注数を144機に増加させました。6月には同社の最初のA320neoが2機引き渡されました。ゴーエアはA320neoの導入によって路線網を拡大し、接続の利便性を向上させ、インドで高い人気を誇るLCCの1社としてビジネスの成長に注力しています。

ゴーエアはエアバスの機内設備の配置を画期的に変えて乗客により快適な居住空間を提供する革新的客室「SpaceFlex」を備えたA320neoを運航する初めての航空会社です。186席を装備し、乗客の足元スペースにゆとりを持たせ、高品質なサービスを提供します。また、旅客にとって繁忙期の利用可能性も向上します。

新型エンジンを搭載するA320neoファミリーは大型のウイングチップであるシャークレットを装備し、合わせて燃費を15%削減、さらに2020年までには客室やエンジン技術の改良によって20%の燃費削減を見込みます。

2010年にローンチして以来83社から4,500機以上の受注があり、約60%の市場シェアを獲得しています。幅広い客室を備え、エコノミー・クラスで標準18インチの快適な座席を装備します。これまでに9機のA320neoが3社に引き渡されています。