プレスリリース

プレスリリース詳細

インディゴのA320neo第1号機を引き渡し

アジアで最初のA320neo運航会社に

2016年 03月 11日 Press Release

エアバスはインドのインディゴに同社のA320neo第1号機を引き渡しました。これにより、インディゴはインドおよびアジアにおける最初のA320neoの運航会社となります。同社は旅客輸送量においてインド最大の航空会社です。

インディゴはエアバスA320ファミリーの最大顧客の一社で、合計530機を発注しています。その内訳はA320neoが430機(2015年に250機、2011年に180機を発注)、A320ceoが100機(全機引き渡し完了)です。

A320neoファミリーは、新型エンジンと大型のウイングチップであるシャークレットを取り付け、燃費を最大15%削減します。さらに2020年までには最大20%の削減を可能にし、それにより年間1機当たりのCO2排出量を5,000トン削減することができるようになります。

A320ファミリーはこれまでにおよそ12,500機の受注を獲得し、約300社の顧客に6,900機以上を引き渡しているベストセラー単通路型機です。幅広い客室を備え、エコノミー・クラスで標準18インチの快適な座席を装備します。