プレスリリース

プレスリリース詳細

イージージェットのA320neo初号機を引き渡し

130機発注分の第1号機

2017年 06月 14日 Press Release

エアバスはイージージェットに同社のA320neo初号機を引き渡したことを発表しました。このA320neoはまた、イージージェットの300機目のA320ファミリーです。

引き渡されたA320neoはCFMインターナショナル社製LEAP-1Aエンジンを搭載し、快適な186席を装備します。胴体には今回の引き渡しを記念し、NEO機であることを特徴づけるため、特別デザインのNEOのロゴが施されています。イージージェットのNEO機はロンドン・ルートン空港を拠点とし、初の商業運航が6月からアムステルダム、マドリード、エディンバラへの路線で開始されます。

2003年に初めてA320ファミリーを納入したイージージェットは現在欧州で最大数のA320ファミリーを運航しています。また、NEOの欧州最大顧客でもあります。NEO機は環境面で多大な利点を提供し、燃費とCO2排気を15%削減します。さらに2020年までに20%の削減を可能にします。騒音の影響も50%抑えています。

イージージェットは2017年5月に、スロットの限られた空港で輸送量を拡大するため、186席装備のA320neoを30機、より大型の235席装備のA321neoに切り替えました。

A320neoファミリーは最新型エンジンと大型のウイングチップであるシャークレットを装備し、合わせて燃費を15%削減します。さらに2020年までには20%の削減を可能にします。2010年にローンチして以来92社からおよそ5,000機超の受注があり、約60%の市場シェアを獲得しています。