プレスリリース

プレスリリース詳細

A320neo、欧州航空安全庁と米連邦航空局より型式証明を同時取得

初号機き引き渡し間近

2015年 11月 24日 Press Release

エアバスは単通路型機のベストセラーA320neoが欧州航空安全庁(EASA)と米連邦航空局(FAA)より型式証明を同時取得したことを発表しました。今回型式証明をしたA320neoは、プラット&ホイットニー社製PW1100G-JMエンジンを装備しています。

EASAより発行された型式証明はトレバー・ウッズ型式ディレクターにより、またFAAより発行された型式証明はジェフリー・デュベン機体証明輸送機部門ディレクターにより調印され、エアバスのシャルル・シャンピオン エンジニアリング担当上席副社長とピエール=アンリ・ブルースA320neoチーフ・エンジニアに手渡されました。

エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者は、「EASAFAAから同時に型式証明を取得したことはエアバスにとって大きな業績であり、わが社とプラット&ホイットニー社チーム全員の努力によるものです。これにより初号機引き渡しへの道筋がつき、今後多くの航空会社に比類ない経済性と機内の優れた快適性を提供できます」と語りました。

A320neoの型式証明取得にあたっては、機体およびシステムに設計限界を超えたテストが行われ、必要なすべての耐空要件を満たしました。

飛行テストでは3機のA320neoがプラット&ホイットニー社製PW1100G-JMエンジンを装備して飛行を行い、約350回のテストフライトで1,070飛行時間を成功裏に記録しています。このうち300飛行時間は同一のテスト機により通常の航空会社と同じ条件下で行われ、就航時の成熟性を確保しています。

NEOファミリーのなかで、型式証明を取得するのはプラット&ホイットニー社製エンジン装備のA320neoが初めてです。今後数ヶ月のうちにCFMエンジンを搭載したA320neoが型式証明を取得予定で、その後、A321neoA319neoでそれぞれのエンジンを搭載した機種が続きます。

日本ではANAホールディングス株式会社がA320neo7機、A321neo26機発注しています。

A320neoファミリーは、新世代エンジンやシャークレットといった翼端デバイスを含め、最新の技術を採用しています。これにより、現時点で15%以上の燃費削減を実現しているばかりか、2020年までには客室の革新をはかり20%の燃費削減を可能にしています。201012月に開発着手されたA320neoは、プラット&ホイットニー社製PW1100G-JMエンジンかCFMインターナショナル社製LEAP 1Aエンジンから選択可能です。開発着手以降の約5年間で、75社以上の顧客から4,300機以上の受注を獲得しています。市場でのマーケットシェアは60%を超えています。