プレスリリース

プレスリリース詳細

A320向けに新客室ブランドのAirspaceをローンチ

• 受賞デザインによる高い快適性、上質な機内環境、サービスを提供

• 同クラスで最大の頭上手荷物棚

2017年 06月 19日 Press Release

エアバスは、2016年にA330neoおよびA350向けにローンチした新客室ブランドの「Airspace」を、新たにA320に導入したことを発表しました。新客室ブランドのDNAにあるのは、乗客にとって明らかな利点を提供し、航空会社にとっては客室の差別化を可能とする様々な客室装備を備えることです。A320は、エアバスのワイドボディ機と共通の人間工学に基づくコックピットを備えるだけでなく、客室デザインや最新技術も共有しています。新客室の主要な構成要素は以下の通りです。

· 同クラスの航空機の中で最大の頭上手荷物棚
「Airspace Bin」と呼ぶ頭上手荷物棚にはこれまで5個のバッグを収納していたスペースに8個収納できるだけでなく、より大きく重さのあるバッグを垂直に収納できます。

· 特徴的な天井照明
完全にカスタマイズ可能な照明によって機内入口から心地良い雰囲気を作り出し、客室全体に様々なライティングを提供します。

· 客室幅を広くする新しい壁面パネル
肩の高さで1インチ幅広くなり、個人スペースにゆとりをもたらします。

· 新しい窓枠
シェードが窓枠と一体化し、乗客はA350の窓を連想するようなより広い窓からの景色を楽しめます。

· 新化粧室デザイン
広々とした新しい化粧室は、ムードライティングを備え、抗菌加工が施されています。自動の芳香器、心地よいサウンド、その他様々な自動オプションの装備が可能です。

· 多彩なLED照明
1,640万色の照明によって、3万フィート上空で多彩なムードライティングによる特別な居住空間を客室全体で作り出します。

· 調和したドアフレーム
ドアのフレームがA350 XWBやA330neoのAirspaceデザインと調和しています。

客室の滑らかな壁面パネルや化粧室のオプション(Smart-LavとSpace-Flex)など既存の客室装備もワイドボディ機のAirspaceと一貫性のあるデザインで維持されています。乗客はまた、頭上ビデオモニターや座席のオンデマンドオーディオ/ビデオを備えた機内エンターテインメントを利用することができます。さらに、座席の電源、ワイヤレスの柔軟な通信、携帯電話通信も可能です。完全なAirspace機内装備パッケージの提供は2020年からの予定で、既存機への改修装備も可能になります。