プレスリリース

プレスリリース詳細

A320/A321貨物転用プログラムをローンチ

• A320/A321貨物転用型は2018年から提供可能

• STエアロスペースがEFWの主要株主に

2015年 06月 17日 Press Release

エアバスは、A320/A321P2F(Passenger-to-Freighter/旅客機を改修し貨物機に転用)プログラムを開発するため、EFW、 STエアロスペースとパートナーシップを締結しました。

エアバスは今後20年間で小型貨物機市場におけるP2F(貨物転用型機)の需要が600機以上あると予測しています。A320P2Fはメインデッキに11個のコンテナを収容し、有償貨物積載量21トン、2,100海里(3,889キロ)以上を飛行します。また、A321P2Fは14個のコンテナを収容し、最大有償貨物積載量27トンを運び、1,900海里(3,519キロ)以上を飛行することができます。2018年からA321P2F貨物転用型の初号機の引き渡しが可能となります。

A320/A321P2FプログラムはEFW(Elbe Flugzeugwerke)が営業およびプログラム管理を行います。エアバスはパートナーであるSTエアロスペースと共にEFWの主要株主です。今回の貨物転用型プログラムを実行するため、STエアロスペースは特別に開発した転用機技術を提供し、EFWの株をさらに20%取得します。これにより同社が保有するEFW株は55%になり、エアバス・グループのEFW保有株は45%に縮小します。

独ドレスデンを拠点とするEFWは、エアバスのP2F貨物転用型ファミリーの持続可能な成長を確実なものとし、エアバスの貨物転用型プログラムにおけるグローバルなサプライヤとしての地位を強化します。また、ドレスデンにおける雇用創出に貢献します。

A320P2FとA321P2Fは、より大型のA330F貨物専用機、A330P2F貨物転用型機とともに、エアバスの貨物機ファミリーを補完します。エアバスの貨物機および旅客機は機種間の共通性が高く、訓練や整備コストを削減するなど運航会社に大きな利点を提供します。