プレスリリース

プレスリリース詳細

メキシコのビバエアロバス、A320ファミリーを52機発注

2013年 10月 21日 Press Release

エアバスはこのほど、ビバエアロバス・グループがA320ファミリーを合計52機(A320neoが40機、A320ceoが12機)発注する契約を締結したことを発表した。これは中南米地域の航空会社一社からの最大数の受注となる。ビバエアロバスはメキシコの低コスト航空会社。エンジンの選定は今後行われる。

ビバエアロバスは現在保有する737-300を2016年までに全機エアバス機に入れ替える予定。同社はバスの乗客を航空旅客に変えるというメキシコにおける「バスから空へ」のモデルのパイオニアといえる航空会社である。

A318、A319、A320、A321で構成されるA320ファミリーは、単通路型機のベストセラー機。合計受注数は9,900機以上。現在、およそ390社に約5,800機を引き渡している。A320neoはA320ファミリーに環境効率の高い新型エンジンを搭載するオプションで大型のウイングチップであるシャークレットを取り付けることで最大15%の大幅な燃料節減が可能である。

現在、中南米とカリブ海諸島地域において500機以上のエアバス機が運航されている。これまでに800機以上の受注を獲得し、約400機の受注残がある。過去10年間でエアバスは運航機数を3倍に増加させており、同地域で運航されている航空機の60%以上を引き渡している。