プレスリリース

プレスリリース詳細

ビバ・エア、A320ファミリーを50機発注へ

エアバスのベストセラー単通路型機によって路線拡大、機材刷新へ

2017年 06月 20日 Press Release

エアバスは、アイルランディア・アビエーションを親会社とする中南米の低コスト航空会社グループ、ビバ・エアがA320ファミリーを50機発注する覚書(MoU)を締結したことを発表しました。発注の内訳はA320neoが35機、A320ceoが15機です。これにより今後同グループのビバコロンビアとビバ・エア・ペルーはA320ファミリー機材の刷新と路線ネットワーク拡大を促進します。

ビバ・エアはビバコロンビアの姉妹航空会社としてビバ・エア・ペルーを立ち上げました。コロンビアのメデジンを拠点とするビバコロンビアは現在A320を9機運航しています。ペールのリマを拠点とするビバ・エア・ペルーはA320を2機運航しています。両社のA320は180席を装備しています。

ビバ・エアはパナマに本社を置き、アイルランディア・アビエーションによって設立されました。アイルランディア・アビエーションは世界中で6社のLCC(アリージェント、ライアンエアー、タイガーエアー、ビバエアロバス、ビバコロンビア、ビバ・エア・ペルー)を創設しました。6社合計の運航機数は420機以上にのぼり、世界中で10億人以上の人々を運んでいます。

A320ファミリーはこれまでに13,000機以上の受注を獲得し、約400社の顧客に7,600機以上を引き渡しているベストセラー単通路型機です。異なる機体サイズの4機種(A318、A319、A320、A321)で構成し、100席から240席を装備します。幅広い客室を備え、エコノミー・クラスで標準18インチの快適な座席を装備します。

エアバスは中南米およびカリブ海諸島地域において合計1,000機以上の受注を獲得しています。受注残はおよそ450機。現在約650機が運航されています。1990年以降、エアバスは同地域における受注数の60%以上を確保し、過去10年間で運航機数は3倍に増加しました。