プレスリリース

プレスリリース詳細

ジェットスター・ジャパンにA320の20号機目を引き渡し

2014年 12月 19日 Press Release

エアバスが15日に仏トゥールーズにて低コスト航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンに引き渡した20号機目のA320が、19日午後、成田国際空港に到着した。ジェットスター・ジャパンは日本におけるエアバス単通路型A320の最大運航会社。20号機目のA320は17日にトゥールーズを出発した。

ジェットスター・ジャパンの保有する機材はすべてエアバスA320。同社は現在、A320を国内路線で運航させており、2015年2月からは関西国際空港と香港を結ぶ国際路線でのサービスを開始する予定。引き渡されたA320は180席を備え、燃費を削減する大型のウイングチップであるシャークレットが取り付けられている。

A320ファミリーはこれまでに11,000機以上の受注を獲得し、400社を超える顧客に6,300機以上を引き渡しているベストセラー単通路型機である。