プレスリリース

プレスリリース詳細

エアバス、急角度進入が可能なA318を引き渡し

2009年 09月 01日 Press Release

エアバスは9月2日、ブリティッシュ・エアウェイズに急角度進入(スティープ・アプローチ)が可能なA318を引き渡したことを発表した。A318は通常の着陸進入角度よりも急な角度で着陸することのできる認定を受けた最大の旅客機。市街地の空港を結ぶ長距離飛行などでビジネス客の時間とコストを節減する。ブリティッシュ・エアウェイズは今回のA318の引き渡しによって、4機種で構成されるA320ファミリーを全機種保有することになり、エアバス機が特徴とする機種間の共通性からくる航空機の運用および整備における利点を最大限活用することができる。

急角度進入が可能なA318は、山地の空港や市街地に近接する空港のような規制の多い地域での運用に最適な航空機であり、厳しい騒音規制に対応している。ブリティッシュ・エアウェイズのA318はCFMインターナショナルのCFM 56-5B9/3エンジンを2基搭載する。

ブリティッシュ・エアウェイズのA318は、「クラブ・ワールド」の客室にフルフラット・ベッドになる座席を32席装備。「OnAir」による通信サービスを提供し、乗客は飛行中でも電子メールやインターネット、携帯電話でのテキストメッセージを利用することができる。A318は同社が現在保有する11機のA321、37機のA320、33機のA319に加わる。同社はまたA320を9機とA380を12機発注している。

A318、A319、A320、A321で構成されるA320ファミリーは、単通路型機のベストセラー機で、これまでに約6,350機の受注を獲得。現在、約300社に4,000機が引き渡されている。乗客への快適性向上と航空会社への直接運航コスト削減を意図して設計されたエアバスのA320ファミリーは、全機種ともフライ・バイ・ワイヤ(電子制御飛行)システムを採用し、100席から220席を装備する航空機のなかで、最も高い共通性と経済性をあわせ持つ。A318はビジネスジェット市場においてもACJ、A320プレステージと共に高い評価を受けている。エアバスのコーポレート・ジェットはこれまでに100機以上の受注を獲得している。

エアバスは100座席から525座席以上を装備する最新旅客機を製造する航空機メーカー。フランス、ドイツ、英国、スペインに設計・製造センターを持つ他、日本、米国、中国、中東に現地法人を置く。本社は仏トゥールーズ。EADSが100%出資する。