プレスリリース

プレスリリース詳細

エアバス初の航空機プログラム、A300の誕生40周年

2009年 05月 29日 Press Release

エアバスは5月29日、エアバスの初の航空機プログラムであるA300の共同開発にフランスとドイツが合意して40周年を迎えた。1969年5月29日、パリ航空ショーで当時のフランス運輸担当大臣とドイツの経済担当大臣が調印を行い、欧州で初めて中距離用2通路型双発ジェット旅客機の開発が正式に決定した。

A300プログラムのローンチはエアバスの歴史上最も記念すべき出来事であり、現在エアバスが掲げるビジョンとビジネス戦略の礎を築いた。エアバスのトム・エンダース社長兼最高経営責任者(CEO)は次のように語っている。「今から40年前、ジェット旅客機市場は完全に米国の航空機産業界によって席巻されており、1969年5月にA300の開発が決定したことは非常に野心的な挑戦であった。エンジニア達の開拓精神とエアバスが追及し続ける革新性と国際的な協力体制を築くことによって、我々は世界市場を代表する企業に成長することができ、また、欧州における協力体制の象徴となった。我々は新しいスローガンとして『New standards. Together』を掲げ、さらなる向上への努力を惜しまない」

初めての短距離・中距離用2通路双発ジェット機であるA300は、旅客市場に革命を起こし、『利益を生み出す製品』と呼ばれた。ワイドボディによる快適性や低騒音、低燃料消費、低運航コストといった、従来長距離用航空機が持つような快適性や性能を全て提供した初めての航空機であった。この斬新なアイディアに基づき、エアバスは初のファミリー機としてA300/A310、それぞれの貨物機型を開発した。A300/A310ファミリーは新しい業界標準を確立し、その技術はのちの旅客機にも採用された。

エアバスは当初300機の製造を予測していたA300/A310ファミリーを、合計で822機製造した。80社以上の顧客に引き渡されたA300は、これまでに3,000万時間以上飛行し、1,500万回以上の離陸を行っている。現在も620機以上が世界中で運航中。

A300プログラムは欧州の協力体制を築く出発点ともなった。製造作業を分担し、主翼は英国、胴体はドイツ、コックピットはフランスと各国で製造を行い、仏トゥールーズに最終組立工場が置かれた。A300プログラムが正式にローンチした18ヵ月後の1970年12月18日、エアバス・インダストリーが、同プログラムのパートナー企業による企業連合として設立された。そのパートナー企業はSNIAS、ドイチェ・エアバス、ホーカーシドレー、VFW-Fokker。さらに1971年12月にはスペインのCASA、1979年1月にはブリティッシュ・エアロスペースが加わった。

エアバスは100座席から525座席以上を装備する最新旅客機を製造する航空機メーカー。フランス、ドイツ、英国、スペインに設計・製造センターを持つ他、日本、米国、中国、中東に現地法人を置く。本社は仏トゥールーズ。EADSが100%出資する。