プレスリリース

プレスリリース詳細

A220ファミリーの性能向上へ

• A220の航続距離を450海里増加、新規路線開設の機会提供

2019年 05月 21日 Press Release

エアバスはA220ファミリーの航続距離を増加することを発表しました。航続距離延長は2020年後半から可能になります。

A220の最大離陸重量は2,268キログラム増加します。最大離陸重量の増加により、最大航続距離がA220-300で3,350海里に、A220-100で3,400海里に増加します。従来より約450海里延長します。

A220の性能向上は既存の構造およびシステム上の余地および可能な燃料搭載量を利用することで実現します。航続距離延長により、航空会社はこれまで不可能であった新しい路線を飛行することができるようになり、西欧の主要都市と中東を結ぶ路線や東南アジアとオーストラリアを結ぶ路線で運航することが可能です。

効率性の優れたA220は最先端の空力性能、最新材料、プラット・アンド・ホイットニー社製PW 1500Gギアドターボファンエンジンを備え、旧世代機と比較して燃費を座席当たり20%削減します。

これまでに530機以上の受注を獲得し、今後20年で7,000機の需要が見込まれる100席から150席市場において高い市場シェアを保持します。

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288