プレスリリース

プレスリリース詳細

米国でA220製造工場の建設着工

2019年 01月 16日 Press Release

エアバスは、米国アラバマ州モビールでA220の製造工場建設が着工されたことを発表しました。新たな製造ラインの建設によって、A220の米国における拡大する需要に対応します。

起工式がモビールで開催され、エアバスのトム・エンダース最高経営責任者、ギヨム・フォーリ民間航空機部門社長、エアバス従業員や業界関係者、州、政府高官など約700人が出席しました。

エアバスの米国2番目の民間航空機製造工場となるA220の工場は、A320ファミリーの最終組立工場に隣接し、モビール・ブルックリー・エアロプレックスに建設されます。工場では米国の航空会社向けにA220-100とA220-300の組立を行います。2019年第3四半期に製造を開始し、2020年に初号機の引き渡しを行う予定です。

エアバスは米国と長年にわたり強力な関係を築いています。エアバスの航空機は米国の大手航空会社によって運航され、また、エアバスは米国の航空宇宙企業の主要パートナーでもあります。米国の40州以上にわたり何百社ものサプライヤーを持つエアバスは、過去3年間で480億ドルを投じています。これはエアバスが米国で27万5,000人の雇用をサポートしていることになります。エアバスの施設は米国に数多く設置されています。カンザス州とアラバマ州にエンジニアリングセンターを置き、フロリダ州に訓練施設があり、コロラド州の訓練施設も近く開設される予定です。さらにバージニア州には材料サポートセンターと本社を置き、アラバマ州にA320最終組立工場があります。また、カリフォルニア州にエアバスの革新的シンクタンク(A3)があり、ジョージア州アトランタにドローンデータ分析会社(Airbus Aerial)があります。テキサス州とミシシッピ州にはヘリコプターの製造、組立工場が置かれ、フロリダ州に人工衛星の製造施設(OneWeb)があります。

A220は100席から150席市場に対応する航空機です。単通路型機において比類ない燃費効率性とワイドボディ機のような快適性を備えます。最先端の空力性能を備え、最新材料を使用し、プラット・アンド・ホイットニー社製新型ギヤドターボファンエンジンを搭載するA220は、前世代機と比較して座席当たりの燃費を20%削減します。最大3,200海里(5,920キロ)の航続距離を持ち、より大型の単通路型機と同様の性能を提供します。

現在500機以上の受注を獲得しているA220は、今後20年で少なくとも7,000機の需要があると見込まれる100席から500席市場で大きな市場シェアを獲得する性能を備えます。

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288