プレスリリース

プレスリリース詳細

インドのビスタラ、50機のA320neoファミリーを導入へ

2018年 07月 16日 Press Release

エアバスはニューデリーを拠点とするビスタラがA320neoを13機追加導入する基本合意書(LoI)を交わしたことを発表しました。13機は同社が現在保有する21機のA320neoファミリーに加わります。

フルサービス航空会社のビスタラはまた、リース会社から37機のA320neoファミリーをリースする予定で、合計50機のA320neoファミリーがビスタラの機材に追加されます。エンジンはCFMインターナショナル社製Leapエンジンを装備します。

ビスタラはA320neoによって地域国際路線の運航を開始する予定です。

A320neoファミリーは新世代エンジン、シャークレットなど最先端の技術を導入し、運航開始から燃費を15%以上削減し、2020年までには20%の削減と騒音の50%削減を実現します。これまでに100社以上から6,100機以上の受注を獲得し、約60%の市場シェアを持ちます。

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288