プレスリリース

プレスリリース詳細

デルタ航空、エアバスのワイドボディ機を50機確定発注

A350-900を25機、A330neoを25機

2014年 11月 20日 Press Release

エアバスは、デルタ航空がエアバスのワイドボディ機A350-900を25機、A330-900neoを25機発注したことを発表した。A330neoにはロールス・ロイス社製トレント7000エンジン、A350-900にはロールス・ロイス社製トレントXWBエンジンが搭載される。

デルタ航空は現在、エアバスの単通路型A319を57機とA320を69機、またワイドボディ型機A330-200を11機とA330-300を21機運航している。今回発注した50機の他、デルタ航空では今後さらにA330-300を10機とA321を45機受領する予定になっており、合計105機が引き渡しされる。

A350 XWBファミリーは2クラス制の客席仕様で最大369席を装備する最新鋭の長距離用中型航空機。胴体幅が広く、エコノミー・クラスで18インチの幅広い座席を備え、長距離を飛行する乗客にも快適な乗り心地を提供する。また、燃費を25%削減。多くの革新技術を取り入れ、乗客の快適性、運航効率性、コスト効率性における新基準を築いた。2014年10月末時点で、世界中の39社から750機の受注を獲得している。

一方A330ファミリーはこれまでに1,300機以上の受注を獲得している。100社以上の航空会社が運航する、世界で最も運航経済性の高い航空機である。A330-800neoとA330-900neoはA330ファミリーの新型派生機。A330ファミリーの比類ない経済性と柔軟性、高い信頼性を受け継ぎ、座席あたりの燃費を14%削減、中距離用ワイドボディ機市場において最もコスト効率の優れた航空機となる。大幅な燃費削減のほか、最大400海里(740.8キロ)航続距離が延長され、他のエアバス機ファミリーとの運航共通性を保持する。

A330、A350 XWB、A380はエアバスのワイドボディ・ファミリーを構成し、250席から500席をカバーする。