プレスリリース

プレスリリース詳細

「ファーンボロ航空ショー」で431機の受注獲得

•最新A330neoなどエアバスワイドボディ機ファミリーへの高い支持

•年初からエアバス機ファミリー全体で受注を確保

2018年 07月 19日 Press Release

エアバスは「ファーンボロ航空ショー」で最新A220やA330neoファミリーを始め、エアバス機全体にわたり好調な民間航空機受注を獲得したことを発表しました。

1、航空ショー前の受注状況

2018年上半期では117機の単通路型機と84機のワイドボディ型機の受注を獲得し、航空ショー開幕前に60機のA220-300の受注を受けて、合計受注数321機を確保しました。

2、ファーンボロ航空ショーでの受注

航空ショーの期間中は合計431機の受注を獲得しました(確定受注93機、覚書338機)。受注の内訳はA220-300が60機、A320ファミリーが304機、A330neoが42機、A350 XWBが25機です。A330neoの42機はA330-800およびA330-900の両機種へ受注を含み、A330neoファミリーに対する高い支持を裏付けました。

3、航空ショー終了時点での2018年受注実績

航空ショーでの成果を受けて、エアバスの総受注数は752機に増加しました(確定が354機、覚書が398機)。内訳はA220が120機、A320ファミリーが481機、A330ファミリーが56機、A350ファミリーが75機、A380が20機です。

エアバスのエリック・シュルツ最高営業責任者(CC0)は次のように述べました。「年初から航空ショーまでの受注実績をみると、100席から150席をカバーする最新A220とそれを補完する最大240席装備のA320ファミリー、そのすぐ上の座席数をカバーする250席から370席装備のワイドボディA330neo、A350 XWBまで、エアバス全機種に対して高い需要があることは明らかです。さらに、A380は中古機市場でも新たなビジネス機会が開かれました」

また、「特に私はエアバスのワイドボディ機ファミリーに対する堅調な需要を大変嬉しく思います。今年はA330、A350、A380に対して150機を超える受注や確約を受けており、高い市場支持を実証しています。エアバス製品全体における将来に私達は自信を持っています。私達は常に、必要な航空機を提供することができます」と付け加えました。

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288