プレスリリース

プレスリリース詳細

「パリ航空ショー」で421機、570億米ドルの受注獲得

2015年 06月 18日 Press Release

エアバスは、「2015年パリ航空ショー」で合計421機、金額にすると570億米ドルの受注を獲得しました。そのうち、確定受注は124機で163億米ドル、コミットメント(MOU、LOIによる受注)が297機で407億米ドルです。

ワイドボディ機では、サウジアラビア航空が20機のA330リージョナル型の導入を決定しました。リージョナル型の受注はこれが初めてです。同社は中東の大手リース会社であるIAFCから同機をリースします。A330リージョナル型は成長著しい国内および地域路線においてコストを最小限に抑え効率的な運航を可能にします。

また、A350 XWBは合計で31機の受注(コミットメント含む)を獲得し、世界最新のワイドボディ機としての市場の評価を裏付けました。

エアバスのワイドボディ機全体では、合計55機の受注(コミットメント含む)を獲得しました。金額にすると156億米ドルになります。その内訳はA350-900が31機、A330リージョナル型が20機、A330-300が4機。

単通路型機では、A320ファミリーが合計で366機(確定が103機、コミットメントが263機)の受注を獲得しました。金額では414億米ドルになります。そのうち新型エンジン搭載のA320neoファミリーが323機を獲得しました。これにより、2010年12月のローンチからの合計受注数は4,000機を突破しました(コミットメント含む)。

また、ベストセラー機であるA320ファミリーの運航寿命を引き上げる貨物転用型プログラムが、EFW、STエアロスペースとのパートナーシップのもとローンチされました。これにより、様々な市場の顧客ニーズに対応するエアバスの製品群の幅がさらに拡大しました。

エアバスのジョン・リーヒー顧客担当最高業務責任者(COO)は、「エアバスの最新市場予測による今後20年間の需要機数32,600機の予測が正しいことが証明されるでしょう。今年のパリ航空ショーの成果から3つのことが明らかになりました。航空輸送の成長の源はアジアであるということ。エアバスの単通路型とワイドボディ機が、引き続き市場から高く評価されていること。そして、A321neoが市場の真ん中で多くの支持を得ているということです」と述べました。