プレスリリース

プレスリリース詳細

ライオン・エア、234機のA320ファミリーを発注

2013年 03月 18日 Press Release

エアバスはインドネシアのライオン・エアがA320ファミリーを合計234機発注したことを発表した。その内訳はA320neoが109機、A321neoが65機、A320ceoが60機。これにより、同社はエアバスの新規顧客となった。

パリのエリゼ宮で開催された式典にはフランスのフランソワ・オランド大統領が出席し、ライオン・エア・グループのルスディ・キラナ共同創業者兼最高経営責任者(CEO)とエアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者(CEO)の間で契約が締結された。

A320は全席エコノミー・クラスで最大180席を装備。A321は最新の客室オプションで最大236席を装備することができる。ライオン・エア・グループは発注したエアバス機を国内および地域路線のネットワーク拡充に使用する。エンジンの選定は今後行われる。

同クラスで最も低い運航コストを提供するA320ファミリーは単通路型機のベストセラー機。合計受注数は約9,400機で、現在、380社以上に5,400機以上を引き渡している。A320neoはA320ceoと機体の95%以上が共通化されているため、異なる機種の導入も問題なく行うことができる。

2000年に商業運航を開始したジャカルタを拠点とするライオン・エアは、アジアで最も急成長を見せている航空会社の一社。現在、グループが運航している路線ネットワークはインドネシアおよび東南アジアの70都市以上に広がっている。