プレスリリース

プレスリリース詳細

2017年アメリカズカップでソフトバンク・チーム・ジャパンに技術協力

航空業界の革新技術でソフトバンク・チーム・ジャパンをサポート

2015年 10月 16日 Press Release

エアバスは国際ヨットレースの「アメリカズカップ」に挑戦する「ソフトバンク・チーム・ジャパン」に技術提供することを発表しました。エアバスは「イノべーション・パートナー」として、米国チームの「オラクル・チームUSA」にも技術提供しています。

ソフトバンク・チーム・ジャパンのチームCEO兼スキッパーのディーン・バーカーは、「エアバスとソフトバンク・チーム・ジャパンがパートナーシップを結べることは本当に素晴らしく思います。航空宇宙業界で豊富な経験を持つエアバスが提供する技術は実に革新的です。アメリカズカップにおける技術が進化していく現在、他業界の技術を利用することによって、我々をさらに上のレベルへと引き上げてくれるでしょう」と語りました。

今回のパートナーシップにより、航空力学や装備、シミュレーション、複合材、構造、油圧、データ分析などの分野のエアバスの知識と技術が、ソフトバンク・チーム・ジャパンのボートに採用されます。

またバーカーは、「新しいボートでは、全てのシステムが最高レベルで動作することが非常に重要です。アメリカズカップへの参戦を表明したのは今年4月で非常に限られた時間の中で挑戦するため、エアバスの高い専門知識は非常に価値のあるものです。それによってチームのボート設計技術と競争力を高めることができるでしょう」と付け加えました。

エアバスは100座席から500座席以上の旅客機を製造する航空機メーカーです。最新で燃費性能の高い包括的製品群を取り揃えています。

ソフトバンク・チーム・ジャパンは、一般社団法人関西ヨットクラブの協力のもと、2017年アメリカズカップ挑戦のため結成されました。アメリカズカップは1851年から開催される、国際ヨットレースの最高峰です。ソフトバンク・チーム・ジャパンは、日本チームとしては2000年以来、15年ぶりのアメリカズカップ参戦です。