プレスリリース

プレスリリース詳細

2016年度業績発表 増産に向け目標を達成

• 過去最高の引き渡し機数、688機

• 純受注数731機

• 受注残数6,874機

2017年 01月 11日 Press Release

エアバスは2016年度(1月-12月)の民間航空機部門の業績を発表しました。それによると、2016年度は82社へ688機を引き渡し、2015年度の引き渡し機数635機を8%以上上回る過去最高の引き渡し機数を記録しました。その内訳は、単通路型A320ファミリーが545機(その内68機がA320neo)、A330が66機、A350 XWBが49機、A380が28機です。単通路型機の引き渡し機数の40%以上がその最大機種のA321です。

受注機数では、51社(そのうち8社が新規顧客)から731機の純受注を獲得しました。その内訳は、単通路型機が607機、ワイドボディ機が124機です。2016年12月末時点のエアバス機の受注残数は6,874機にのぼり、金額にするとカタログ価格で1兆180億米ドルになります。

エアバスのファブリス・ブレジエ民間航空機部門社長兼最高執行責任者(COO)は次のように述べました「私たちは将来の増産に向け、困難な環境下で目標を達成しました。この素晴らしい成果をもたらしてくれたチーム全員に感謝します」また、「あらゆるサイズの航空機需要が高まる市場と私たちの強固なビジネス基盤は次のステップへ飛躍するための跳躍台となります。今後もさらなる納入機数の増加とデジタル化の活用、世界中で提供するサービスの拡大を目指します」と付け加えました。

2016年度はエアバスにとって様々な成果を生み出しました。総引き渡し機数1,000機目となったA350 XWBを納入し、A350 XWBの最大機種であるA350-1000の初飛行を実施しました。A320neoのエンジン2種類それぞれの引き渡しも開始しました。さらに、プラット・アンド・ホイットニー社製エンジン装備のA321neoの型式証明を取得し、米国アラバマ州モビールの最終組立工場で組み立てた初の航空機であるA321の納入も行いました。

A330リージョナル型の運航が開始され、中国のA330コンプリーション&デリバリー・センターの建設を開始しました。A330neoの最終組立も始まりました。A330とA350 XWB向けの客室として新たな客室ブランドのAirspace by Airbusをローンチしました。また、A380を選択して空の旅を予約することのできるウェブサイト、I fly A380を開設しました。

エアバスについて

エアバスは航空、宇宙、その他関連ビジネスにおいて世界をリードするグローバル企業です。2015年の売上は645億ユーロ。約13万6,600人の従業員を擁します。エアバスは100席から600席以上を装備する航空機を設計・製造しています。また、タンカーや軍用輸送機、宇宙関連システムや機器を提供しています。ヘリコプター分野においては世界中で効率性の高い民間・軍用ヘリコプターを提供します。