プレスリリース

プレスリリース詳細

2015年度業績発表 目標を上回る成果

• 過去最高の引き渡し機数、635機

• 純受注数1,036機

• 受注残数6,787機

2016年 01月 12日 Press Release

エアバスは2015年度(1月-12月)の業績を発表しました。それによると、2015年度は85社(そのうち10社は新規顧客)へ635機を引き渡し、目標を上回る過去最高の引き渡し機数を記録しました。その内訳は、A320ファミリーが491機、A330が103機、A380が27機、A350 XWBが14機です。2015年度の引き渡し数は2014年の記録629機を上回り、13年間連続で年間引き渡し機数が増加しています。

受注機数では、53社(そのうち8社が新規顧客)から1,036機(純受注)の受注を獲得しました。その内訳は単通路型機が897機、ワイドボディ機が139機です。2015年12月末時点のエアバス機の受注残数は航空史上最大の6,787機にのぼります。これは金額にするとカタログ価格で9,963億米ドルになります。

エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者は、「今回の業績結果から、我々の航空機に対する世界的な需要が引き続き上昇基調を続けていることが明らかになりました」と述べました。また、「2015年度、エアバスは機体の性能強化や新たな派生型の提供を実現し、将来に向けた確固たる土台を創りあげることができました」と付け加えました。

2015年度はエアバスにとって様々な成果を生み出した年になりました。たとえば、A320neoはローンチからわずか5年で型式証明を取得しました。A350は14機の引き渡しを行い、世界で最も効率的で最先端の航空機を運用することの利点を航空会社へ提供しています。また、A350プログラムも重要な進展を見せ、より大型のA350-1000の主要部品が各地の製造工場で開始されています。同様にA330neo初号機もエンジンパイロンや中央翼部品の製造が開始されています。フラッグシップのA380は初飛行から10周年を迎え、プログラムの損益分岐点に達しました。

米国アラバマ州モビールに建設されたA320ファミリーの最終組立工場が稼動したことも2015年度における功績です。この最終組立工場では2018年までに年間40機から50機の生産を予定しています。中国ではA330に対する追加受注があっただけでなく、天津へのA330コンプリーション&デリバリー・センターの設置が決まりました。また、エアバスは2015年に新たに3つの派生型をローンチしました。それは、大西洋横断運航が可能なA321neo長距離型と、3,000海里の距離を最大400人乗せて飛行するA330リージョナル型、そして19時間飛行が可能なA350-900の超長距離型です。