プレスリリース

プレスリリース詳細

2014年度業績発表 目標を上回る成果

2015年 01月 13日 Press Release

エアバスは2014年度(1月-12月)の業績を発表した。それによると、2014年度は89社(そのうち8社は新規顧客)へ629機を引き渡し、2014年度の目標を上回る過去最高の引き渡し機数を記録した。その内訳は、A320ファミリーが490機、A330が108機、A380が30機、A350 XWBが1機。年間引き渡し機数は13年間連続で増加している。

受注機数では、67社(そのうち14社が新規顧客)から1,456機(純受注)の受注を獲得し、過去2番目の受注機数を記録した。その内訳は単通路型機が1,321機、ワイドボディ機が135機。2014年12月末時点のエアバス機の受注残数は航空史上最大の6,386機にのぼった。これは金額にすると9,193億米ドル。

エアバスは2014年末時点で、100座席以上の市場において50%以上のシェアを確保した。受注成果の中でもA330neoはローンチからわずか6ヶ月で120機の受注を獲得し、好結果を出した。また、デルタ航空が大西洋横断路線へA330neoを、そして太平洋横断路線へA350 XWBを選定したことも注目されるべき功績である。さらに、A320neoおよびA320ceoは引き続き高い人気を誇り、特にリース会社から大型の受注を獲得した。

日本関係では、2014年度は合計145機の受注を獲得した。その内訳は、ANAホールディングスより30機、SMBCアビエーションキャピタルから115機を受注。

航空機プログラムにおいては、A350 XWBのテスト飛行が完了し、型式証明を取得、カタール航空へ予定通り初号機を引き渡したことが2014年の大きな成果である。また、A380は30機納入し、目標を達成した。2014年にはアシアナ航空、カタール航空、エティハド航空が新たにA380の運航会社となった。A330neoに対する好調な受注に加え、A330ceoプログラムも改良による性能強化によって引き続き高い支持を得ている。A320neoプログラムは2014年9月に初飛行を果たし、2015年の第3四半期の型式証明取得、第4四半期の初号機引き渡しに向けて順調に進捗している。

エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者は、「2014年度はすばらしい年となった。エアバスのチームは目標を達成しただけでなく、それを上回る成果を残した」と述べた。さらに、「我々はよりスピーディに、シンプルに、高い機動力を持った企業を目指し、常に大きな進歩を実現している。そして、革新性を求めて挑戦を続けることで、あらゆる市場を牽引する企業としての立場を強固なものにする」と付け加えた。