プレスリリース

プレスリリース詳細

2010年の生物多様性年に向けた取り組みに世界中から多数の子供たちが参加

2009年 08月 13日 Press Release

エアバスは現在世界中で関心が高まっている生物多様性問題への取り組みとして「See the Bigger Picture」キャンペーンを展開している。毎時3種の生物が絶滅し、年間では2万種以上が絶滅している現在、生物多様性の損失が大きな問題となっている。国連は2010年を国際的な生物多様性年として表明。エアバスは国連の呼びかけを支援するため、生物多様性条約事務局(CBD)とナショナルジオグラフィック協会と共に世界中の子供たちを対象に生物多様性に関する写真コンテスト展開している。

現在約30万ものアクセスのあるキャンペーンのウェブサイト(www.seethebiggerpicture.org)では、世界各国の子供たちが応募した写真を閲覧することができる。すでに1,000枚もの様々な種の動植物や身近に広がる自然の写真が応募されている。

写真コンテストは6歳から16歳までの子供や青少年が対象。写真を撮ることによって、身近な動植物への関心を深め、生物多様性問題への理解を促すことを目的としている。コンテストで上位5位に入った参加者はワシントンD.C.にあるナショナルジオグラフィック本部に招待される。

See the Bigger Pictureキャンペーンは、国連の生物多様性条約事務局(CBD)とナショナルジオグラフィック協会とエアバスが共同で展開している活動。2010年の「国際生物多様性年」に向けてCBDの「グリーンウェイブ」を支援している。これにより、世界中の子供たち、青少年、その家族や教育者を対象に生物多様性問題への関心を高め、生態系の保護を呼びかける。写真コンテストは2009年6月から9月8日まで開催している。

※この写真コンテストの詳細はwww.seethebiggerpicture.org(英文)へ。

エアバスは100座席から525座席以上を装備する最新旅客機を製造する航空機メーカー。フランス、ドイツ、英国、スペインに設計・製造センターを持つ他、日本、米国、中国、中東に現地法人を置く。本社は仏トゥールーズ。EADSが100%出資する。