プレスリリース

プレスリリース詳細

ドバイ航空ショーで合計160機、440憶ドルの受注獲得

2013年 11月 20日 Press Release

エアバスは「第13回ドバイ航空ショー」で合計160機、金額にすると440億米ドルの受注を獲得したことを発表した。そのうち確定受注が142機で404億米ドル(A380が50機、A350-900が40機、A350-1000が10機、A321neoが26機、A320neoが10機、A330-200Fが6機)、覚書による受注が18機で36億米ドルであった。今回のショーではワイドボディ機、特にA380とA350 XWBに対する高い需要が顕著で、同機の顧客ニーズに適う航空機としての評判を裏付けた。

今回の航空ショーにおいて、受注金額ではエミレーツ航空による発注が最大となった。同社はA380を追加で50機発注し、同社の航空機群におけるフラッグシップとして、A380の効率性の高さと乗客からの高い人気を評価した。また、受注機数ではエティハド航空が最大数の発注を行い、合計で87機(40機のA350-900、10機のA350-1000、 26機の A321、10機のA320neo、1機の A330-200F)を発注した。

柔軟性の高い貨物専用機、A330-200Fはカタール航空より5機(オプションで8機)、エティハド航空より1機と合計で14機の受注、金額にすると30億米ドルを受注し、貨物専用機に対する好調な受注を獲得。また、アルジェリア航空よりA330-200旅客型を3機、金額にすると6億4,800万米ドルの受注を受けた。

トリポリを拠点とするリビアン・ウイングスは今回の航空ショーで運航開始の発表を行い、機材増強のためA350-900を3機、A320neoを4機発注する覚書を交わした。

航空輸送量の増加によって航空会社はより大きなサイズの航空機を選定したり発注済みの機体をより大きいサイズに変更するなど、航空機の平均サイズは大きくなってきている。A380のような大型機は、限られたり発着枠を最も効率的に活用し、増加する旅客数を便数を増やすことなく対応できるため、ロードファクターを向上させることが可能。過去40年間で、航空業界は持続可能な航空輸送を目指し、燃費と騒音を少なくとも70%削減している。今後もA320neoやシャークレット装備のA320、そしてA380、A350 XWBといった革新的な製品によって持続可能な航空輸送の実現に向けた取り組みを促進していく。