プレスリリース

プレスリリース詳細

中国航空器材集団公司が140機のエアバス機を発注へ

エアバス単通路型機、ワイドボディ機が中国の航空会社の多様なニーズに対応

2017年 07月 05日 Press Release

エアバスは、中国航空器材集団公司(China Aviation Supplies Holding Company)がエアバス機を合計140機発注する一般条件合意書(General Terms Agreement)を締結したことを発表しました。発注の内訳はA320ファミリーが100機、A350 XWBが40機です。これは中国の国内、低コスト、地域、国際長距離にわたるすべての市場において中国の航空会社からの強力な需要を反映しています。

エアバスの最新航空機市場予測「グローバル・マーケット・フォーカスト2017年-2036年」によると、航空輸送量は年間4.4%ずつ成長し、今後20年間で航空機数(100座席以上)は2倍以上の40,000機を超えることが予想されます。国内市場において世界最大となる見込みの中国を始めとする新興市場が成長を牽引し続けます。

2017年5月末時点で中国の航空会社が運航するエアバス機は合計で1,440機で、その内約1,230機がA320ファミリーです。A350 XWBは複数の中国の顧客から支持を得ています。比類ない性能と高い客室快適性を備えるA350 XWBは国際路線の旅客をさらに呼び込み、中国の航空会社に競争優位性をもたらします。

A320ファミリーはこれまでに13,000機以上の受注を獲得し、約400社の顧客に7,600機以上を引き渡しているベストセラー単通路型機です。異なる機体サイズの4機種(A318、A319、A320、A321)で構成し、100席から240席を装備します。幅広い客室を備え、エコノミー・クラスで標準18インチの快適な座席を装備します。

A350 XWBは最新の空力設計で炭素繊維複合材製の胴体と主翼を備え、効率性の高いロールス・ロイス社製エンジンを搭載します。これらの最先端技術を導入することで比類ない運航効率性を実現しています。燃費と排気を25%削減し、整備コストを大幅に抑えました。