プレスリリース

プレスリリース詳細

アエロフロートの100機目となるエアバス機、A330を引き渡し

2012年 10月 31日 Press Release

エアバスはアエロフロート・ロシア航空に、同社の100機目となるエアバス機を引き渡したことを発表した。記念すべき100機目となったのはA330-300。

アエロフロートのA330-300はロールス・ロイスのトレント700エンジンを搭載し、2クラス制の296座席(ビジネス・クラスが28席、エコノミー・クラスが268席)で広々とした快適な客室が装備されている。同社は中距離から長距離路線の様々な路線に同機を運航させる予定。

アエロフロートは1992年、ロシアで初めてA310を就航させた。また、2003年にA320ファミリーを、2008年にはA330ファミリーをロシアで初めて運航させた。現在同社は79機のA320ファミリーと今回の引き渡し分を含む21機のA330ファミリーを保有している。

双発のA330ファミリーは250席から300席を装備する世界中で高い支持を得ているワイドボディ機。これまでに1,200機以上の受注を獲得。世界中の90社以上によって約900機が運航されている。様々な改良を重ね、同クラスの中で最もコスト効率に優れ、出発信頼度は平均99%を超えている。派生機に貨物専用機、VIP用、軍用輸送機/タンカーがある。