プレスリリース

プレスリリース詳細

ルフトハンザの監査役会が100機のA320ファミリーとA380の追加購入を承認

2013年 03月 14日 Press Release

エアバスはルフトハンザの監査役会が100機のA320ファミリー(A320neoが35機、A321neoが35機、シャークレット装備のA320ceoが30機)と2機のA380の追加購入を承認したことを発表した。これは金額にすると112億米ドルとなる。エンジンの選定は今後行われる。

ルフトハンザ グループはエアバスの最大顧客の一社で、合計532機を発注している。また、エアバス機の最大運航会社でもあり、現在385機を運航させている。その内訳はA320ファミリーが271機、A330が41機、A340が63機、A380が10機。

A320neoとA320ceoファミリーはルフトハンザ グループの路線拡充と、保有機の刷新に使用される予定。シャークレット装備のA320ceoは燃費を4%削減することができ、A320neoファミリーでは15%燃費を削減することが可能である。また、A380は競合機と比べて燃費を12%削減することを実証している。

100機目の引き渡しが行われたばかりのA380は、これまでに世界中の3,600万以上の人々を運んでいる。現在1日140便が飛行しており、A380全機合わせるとこれまでに85万時間、10万回の飛行を行っている。

A318、A319、A320、A321で構成されるA320ファミリーは、単通路型機のベストセラー機。合計受注数は9,150機を超える。現在、385社以上に5,450機以上を引き渡している。