プレスリリース

プレスリリース詳細

日本の航空会社による運航機数が100機に到達

2018年 12月 07日 Press Release

エアバスは日本の航空会社が運航するエアバス機の数が、合計で100機に到達したことを発表しました。記念すべき100機目となったのはANAのA321neoです。ANAはA321neoを合計33機発注しています。100機目となったA321neoは、同社へのA320neoファミリー納入機17号機目です。ANAが現在運航しているA320ファミリーはA320ceoが5機、A320neoが7機、A321ceoが4機、A321neoが9機です。

ANAのほか、日本の航空会社では5社がエアバス機を運航しています。エアアジア・ジャパンがA320ceoを2機、ジェットスター・ジャパンがA320ceoを24機、PeachがA320ceoを21機、スターフライヤーがA320ceoを12機、バニラエアがA320ceoを15機運航しています。さらに今後日本の航空会社へ68機が引き渡される予定で、現在国内全体の受注残の50%以上をエアバス機が占めています。

エアバスは、1980年に東亜国内航空によってA300B4が就航してからこれまでに日本の航空会社に合計160機以上を引き渡しています。

 

日本におけるエアバス

エアバスは日本市場におけるプレゼンスを増加しています。エアバスの航空機は日本の航空会社のあらゆるニーズに対応する、100席から600席以上を装備する幅広い最先端の航空機ファミリーを提供しています。エアバスの単通路型機ファミリーは日本のフルサービス航空会社から低コスト航空会社(LCC)まで高い人気を誇り、エアバスのワイドボディ機ファミリーは日本の大手航空会社によって2019年に運航が開始されます。日本の100社以上の企業がA320ファミリーを含む全エアバスの航空機プログラムに参入しています。

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288