プレスリリース

プレスリリース詳細

「フランス航空教育団来日100周年記念シンポジウム」で講演

2018年 10月 23日

エアバスはこのほど、日本航空協会主催の「フランス航空教育団来日100周年記念シンポジウム」で講演しました。

このシンポジウムは、1919年にフランス陸軍フォール大佐率いる「フランス航空教育団」が来日し、航空機やエンジンの製造、整備、操縦技術などの指導を行ってから、来年で100周年を迎えることを記念して実施されました。

エアバス・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長はビデオメッセージで次のように語りました。「日本の航空に大きな影響を与え、その後に続く日本の航空産業の基礎を築いたのがフランスであったことを、ひとりのフランス人として誇りに思います。日本とフランスは、100年も前から、航空業界の基礎を築き、ともに歩んできました。日本の航空産業界は現在もフランスを始めとする欧州との関係を継続しており、日本の航空宇宙産業に従事する多くの企業がパートナーやサプライヤーとしてエアバスの航空機やヘリコプター、防衛宇宙機器製造に加わっています。私達は欧州を代表する航空宇宙企業として記念すべき100周年行事に参加できたことを光栄に思います」

またジヌーは、日本の大手航空会社やLCCによって多数のエアバス機が運航されていることに触れ、「日本の航空会社が運航するエアバス機の数は年々増加しています。来年のフランス航空教育団来日100周年の記念すべき年に、いよいよANAがA380、JALがA350XWBの運航を開始します。フランスと日本の航空産業における協力関係が生まれてから100年後に、日本を代表する航空会社2社が、エアバスの最新鋭機を飛ばし始めることは、私達にとって大変思い出深い年になるでしょう」と付け加えました。

 

受注・引き渡し

Airbus July 2018
総受注数 18455
総納入数 11304
運航機数 10288