プレスリリース

プレスリリース詳細

ジャン=マルク・ナスルがアジア太平洋地域プレジデントに就任

2019年 01月 14日 Press Release

エアバスは、ジャン=マルク・ナスルをアジア太平洋地域プレジデントに任命したことを発表しました。

ジャン=マルク・ナスルはシンガポールに拠点を置き、アジア太平洋地域におけるエアバスの戦略、産業協力、オペレーションを統括し、主要市場において様々なエアバス部門を統一する「One Roof」方針を促進します。

また同時に、エアバス・ディフェンス・アンド・スペースの中国とインドを含むアジア太平洋地域セールス担当責任者に任命され、当地域の防衛、宇宙関連製品のセールス活動を統括します。

ジャン=マルク・ナスルは12月末まで中東、アフリカ、フランス、イギリス地域におけるディフェンス・アンド・スペース部門のセールス責任者を務めていました。当部門(当時はEADSディフェンス・アンド・セキュリティ)に加わる2005年以前はネットワーク保護、統合システム、サイバーセキュリティー部門を指揮する様々な役職を歴任しました。

1961年に生まれ、1986年にアエロスパシアルに入社しキャリアをスタートしました。フランスの高等電気学校「Ecole Supérieure d'Electricité」で工学の学位を、パリ大学で物理学の博士号を取得しています。

ジャン=マルク・ナスルは18年間アジア太平洋地域を指揮したピエール・ジャフルを引き継ぎます。ジャフルは2019年10月までエアバスにとどまり、引き継ぎ業務に従事します。